地味女でも無料マタニティフォトをとりたい|恥を忍んで撮ってきました

地味女のマタニティフォト 妊娠

マタニティフォトとか、そんなタイプじゃないんだよね~と思っていた私。

でも、不思議と出産が近づくと、

「でっかいお腹を、1枚でいいから残しておきたいな~」という気持ちがムクムク。

撮っておいた方がいいですよ(^^)人生の思い出に。

ただ、きらきら女子でない私は、マタニティフォトで検索して、撮影例の写真を見て、
悩む・悩む。

  • 「うぎゃーあんな服は着れない」
  • 「うぎゃーあんなポーズとれない」
  • 「うぎゃーお腹がきたない」

そんな私がたどり着いた、無料で地味マタニティフォト。

もう、決意が大事です!

スタジオで普段より地味な自分を演じる

撮影日は普段よりも、社交性を控えめに(^^)

ノリがいいと、どんどん「こんなカットも♪」「ご夫婦で見つめあって(^^♪」など

恥ずかし~ことをご提案いただいちゃいます。

カットが増えるたびに、「買ってもらう」営業も増えます。

社交性が低めだと、営業を断るのも、「あ、いいです。」とジミーに言えます。

ただ、撮影の時は、にっこり満面の笑みを忘れずに!

社交性を控えめにすると、笑うのって案外難しいんですよ。

マタニティフォトは普段着で撮影

maternity-photo1
可愛いけど、わたしは着れない(>_<)

マタニティドレス。とても着る勇気がなかったわたし。

ご提案は頂きましたが、「大丈夫です!」と断る。

トップス・ボトムスで分かれた服を着ていけば、お腹は出せるので、それでOK。

私も思い切って、でっかいお腹を出しました。

今、振り返ってみると、「妊娠中、こんな服着てたなー!」って懐かしい。

やっぱ普段着で十分&満足です。

あ!かわいいのが好きな方は、もちろんドレス着てください(^^)

私はできなかっただけなんで。

地味女は多ポーズを断る

繰り返しですが、カットが増えるたびに、「買ってもらう」営業が増えます。

「恥ずかしいんで(^^;」って言えば、無理強いはされないと思います。

私たちは、結局1ポーズしか撮ってもらわなかったという記憶。

なんといっても、恥ずかしいので早く帰りたかった(>_<)

シャトレーゼのカシポポイントを宿泊券に交換。コスパがすごい

2019年7月9日
知育工作_フロッタージュ

お金をかけずに知育工作|5分でできるフロッタージュ

2019年11月30日

地味女な私のマタニティフォト撮影

my-maternity-photo1
実際は全身写ってますが、白黒で落ち着いた仕上がりに

事前に見つけておいた、「撮影無料・2Lサイズのプリント1枚無料」というお得クーポンがあったので、完全に0円でマタニティフォトを1枚ゲットしました。

そして、それ以上注文せず、帰るという決意をして行ったので。

ただ、現在はこのクーポン見つけられず。ご紹介できず残念。

フォトスタジオにとって、妊婦さんは、今後の赤ちゃんのニューボーン・お宮参り・お食い初め~いろんなイベントで撮影してもらえる可能性が高いので、接点作りたい対象。

マタニティフォトは、お得なことが多い撮影スタイルです。

どこのスタジオでも、撮影料無料はもうデフォルトな感じさえします。

撮影料無料で、1枚プリントを注文だけなら5千円未満で撮影できると思います。(フォトスタジオによります)

マタニティフォトは後の人生のため

誰に見せるわけでもないけど、取っておいてよかったな~と。

撮った時よりも、「もう出産は終わり!」と産み終えて、数年たった時に、実感できるはず。

私も改めて写真を見て、あの時、勇気出してよかったと思います(^^)

もう撮影をして約10年たちました。