夫婦で受けると半額?レーシック手術を安く受ける方法を大公開

レーシックの割引2 お得

レーシックを受けて8年が経過した、私たち夫婦。

夫はちょっと見えづらくなったようですが、私は今でも1.2以上あって、お互い快適な裸眼生活ができています。

かつては、ふたりとも視力が0.1を下回る極度の近視。分厚い眼鏡をした夫婦でした。

レーシックにはお互い興味津々!だけど、気になったのは、料金と安全性。

安全性については、こちらの記事もご覧ください。

レーシックの8年後

レーシック手術後8年経過|現在の視力は?後遺症は?品川近視クリニック

2020年9月4日

高額の施術費用だけど、二人ほぼ同時のレーシックに踏み切れたのは、割引で受けられる方法を見つけたからです。

だけど、まさか半額まで下がるなんて、思ってもいませんでした!

レーシックのお値段は?

度のきついめがね

レーシックの施術は自由診療なので、3割負担の健康保険が使えません。

だから、病院によって値段もまちまちだし、高額であることも知っていました。今も当時と状況は変化ありません。

病院によって手術代は変わってきますが、私たちが受けた品川近視クリニックの場合、6.9万円~53.7万円(税抜)とのこと。(2020年9月現在)

当時、私たちが受けた施術は、アマリス750Zレーシック。

確か一人30万円以上はしたと思います。(詳細は忘れてしまいました、不正確な情報で申し訳ないです。)

現在の価格で、アマリス750Zレーシックは、32万円(税込)

しかも私は、角膜が異形とのことで+αの施術が必要で、10万円ほど高かったのです。

仮に、夫32万円+私42万円=74万円の手術代だったとします。

簡単に出せる金額ではないですね~(^^;

ほんと、お高い。

こんなに高いとレーシック手術は、あきらめてしまいますよね。

でも、ここから、半額近くまで下がっていきます。

品川近視クリニックの紹介制度

品川近視クリニックの場合、ビューティークラブという会員制度があり、登録するだけで会員になれます。

この会員になることが、とっても重要です!

レーシックを受けたい人を紹介することで、紹介料を受け取ることができるという仕組み。

また、紹介された人もレーシック手術を割引してもらえます。

【重要】手術を受ける前でも会員になれる

「レーシックを(まだ)受けていなくても、ビューティークラブの会員になれる」というのがポイント!

品川近視クリニックのサイトにもQ&Aで記載があるので、正当な方法です(^^)/

質問私は品川近視クリニックで施術を受けていないけど、紹介することはできますか?
答えはい。品川近視クリニックで施術を受けていない方でも、会員優待制度を利用することは可能です。

ビューティークラブ

だから、言ってみれば、レーシックを受ける予定ではない妻が会員になり、受ける夫を紹介してもOKということです。

「え、ちょっと面倒じゃない?」って思いましたよね。

でも、紹介料・割引額が大きいので、ぜひひと手間かけてください。

紹介料・割引はいくら?

ひと手間をおすすめするのは、数万円単位で割引・紹介の謝礼がもらえるからです。

紹介される人は、施術料金から割引されます。紹介した人への謝礼は、会員の銀行口座に振り込まれる仕組みです。

注意点として、片目だけの場合は、それぞれ半額。

施術名施術料金(税込)割引額謝礼額
アマリス750Zレーシック32万円5万円4万円
Lext(レクスト)34.9万円1万円2万円
クリスタルZレーシック※125万円3万円4万円
スタンダードZレーシック22万円2万円3万円
謝礼の一例

夫婦で相互に紹介する

私たちが受けた割引の内訳。施術はアマリス750Zレーシック

  1. 私が未施術の時に会員になり、夫を紹介。→ 4万円(紹介料)
  2. 夫が割引を受けるて施術 → 5万円(割引)
  3. 夫が私を紹介。→ 4万円(紹介料)
  4. 私が割引を受けるて施術 → 5万円(割引)

合計すると、二人で18万円の割引を受けたことになります。10万円割引と8万円紹介料をいただきました。

ここで、74万円−18万円=56万円

家族で紹介しあうのって、なんか変な感じもしますよね。でも、こちらも公式に認められています。

質問家族を紹介することは可能ですか?
答えはい。ご家族間で紹介し合うことも可能です。

ビューティークラブ

なんとなく気恥ずかしく感じるかもしれませんが、堂々と割引してもらいましょう(^^)/

夫婦でなくても、家族・友達で紹介しあったりもいいですよね。18歳以上なら会員になれるそうです。

紹介の方法

会員になると、郵送で冊子・チケットが送られてきます。

または、メールで相手に送ることもできるので、「すぐに使いたい」とか、時間がないときなどは、便利。

お会計の時までに、必ず提出するように但し書きがあります。検査に行ったときなど、忘れずに出して、きっちり活用しましょう(^^)/

確定申告で還付を受ける

さらに安くするために、忘れてはならない医療費控除の確定申告です。

1年間に10万円以上医療費の支払いがあった場合、控除を受けることができます。

通常会社員の場合は、年末調整として職場でしてもらえますが、この年だけはご自分でやりましょう!

正確な金額は失念していますが、簡易計算をしてみたら、約14万円還付されると出ました。

す、すごい還付されてる!これは、絶対に確定申告をやらねば。

こちらで、56万円−約14万円=約42万円になりました。

各ご家庭で、どのくらい還付されるかは、シミュレーションを試してみてください。

確定申告するためには、会計の時に受け取る領収書がとても大切になります。

絶対に紛失しない場所で保管しておきましょう。どの医療機関も同じですが、再発行はしてもらえません。

せっかく医療費の確定申告をするなら、歯医者で自由診療や歯科矯正をやって、そちらも確定申告に含めちゃうなどの思い切った行動もできますよ(^^)

生命保険も使えた

もし古い生命保険に入っているなら、10万円程度返ってくるかもしれません。

残念ながら、最近の生命保険の手術給付金ではレーシックは対象外になっているそうです。

でも、10年以上前に加入した古い生命保険に加入したままだったら、対象になることが多いです。

私自身、両親が昔から掛けてくれていたJAの生命保険で手術給付金がもらえました。
確か10万円だったと思います。(最後まであやふやで申し訳ないです。)

その場合、診断書が必要で、品川近視クリニックの場合は9千円(税込)実費必要だそうです。

実質約9万円ってことですね。

こちらで、約42万円−約9万円=約33万円になりました。

つまり、1人分のレーシック施術と変わらない!(^^♪

お得になったレーシック代は?

夫の施術代32万円、私が42万円の合計が74万円だったのが、

74万円−18万円−約14万円−約9万円=約33万円

ということになり、ほぼ半額になりました。

まぁ半額でも33万円ですから、高いと言えば、高いのですが、レーシックの便利さはプライスレスなところがあります。

さらにお得を目指すなら

レーシックしたことを人に話しましょう。興味を持ってくれた人に紹介すると、紹介料をもらえます。

ぐいぐい押すと、ねずみ講とかの商売・勧誘っぽくなり、変な感じになりますが、日常会話で、レーシック手術を受けたことを話すだけにしておけば、大丈夫です。

その時に、経験談+紹介・割引の話をすることで、「紹介して!」と自然な流れになるといいですよね。

自分にも紹介する人にもお得があるから、大丈夫です。

私も友だちに話すことで、数人を紹介して、紹介料を頂きました(^^)/