小学生で不同視弱視が見つかって、メガネ生活3か月後の診察

不同視弱視3か月後 不同視弱視

うちの小1次男ですが、不同視弱視(片目の弱視)が見つかって、3か月後の経過記録です。

診察後の生活はどう変わったのか。
一般的な治療開始年齢よりもずいぶん遅れてしまった小1の息子の反応、メガネの付き合い方をご紹介。

実は、2021年7月ごろの診察では、矯正視力が0.7までアップしていました。
これは、メガネとアイパッチをつけていたから。その効果だと医師から説明を受けました。

不同視弱視

6才5か月で「不同視弱視」が確定した息子|遅い発見~治療開始まで

2021年5月25日

息子とメガネの生活

メガネをすることには慣れてきましたが、左目が1.2と問題なく見えている影響で、すぐにメガネを外してしまいます。

これは、不同視弱視のこどもあるあるでしょうね。

例えば、

  • 朝の洗顔後
  • 入浴後
  • 水遊び
  • テレビを見ている時
  • 外遊びに行くとき

朝の洗顔後に着けていなくても、私自身もメガネなし次男にピンと来なくて、そのまま学校に送り出してしまうことも(>_<)

6月・7月は、毎週のように学校まで届けていました。

過保護はいけないと思いつつ、メガネと水筒だけは届けてます。

あとは、鼻止めの部分を「何回折るんですか!」ってくらい折ります。

すでに4回はzoffさんにお世話になっております。大変申し訳ない。

小学生のメガネを何度も無料で修理していただいて、とても助かってます。

zoffさんでは、購入後1年以内であれば、故意ではないメガネの壊れを修理保証してもらえています。

ただ、息子が壊している鼻止めは、部品として本体に差し込まれているだけらしく、壊れたらいつでも無料で新しい鼻止めをつけてもらえるそうです。

持っていくと、名前や購入履歴を聞かれることなく、また購入店舗でなくても修理していただけます。

所要時間も10分程度。

ほんとにありがたいことです!

うちはイオンモールに車で15分くらいかかるところに住んでいて、メガネのためだけに緊急で行くのが、結構面倒。お店の方にも申し訳ないので、もう壊さないでほしい(>_<)

Zoff サイトトップ

2か月後の診察で視力アップ

7月の中旬、視力検査で、右目矯正で0.7!
先生にも、「いい感じ!」と言っていただき、私自身も「こんな感じで続けてれば、そのうち視力が出るんだろうなー」と軽く感じたことで、「メガネ・アイパッチを徹底する!」という固い意志が薄れてしまった感じ・気持ちが緩んだのもあります。

先生から次回は8月下旬に来てね。とのことで、先日眼科に行ったのですが。

3か月後、早々と注意される

「矯正が0.6に落ちてるよ!」との厳しめの一言。

「アイパッチ、着けてなかったんじゃない?」というのもお見通しですね。

アイパッチを毎日着けていない。メガネすらしない日があった。という、息子たいまん。母もたいまんです。

管理をしきれなかった、私のせいです。夏休みで、言いつけばかり言えない。言いたくない。のがよくなかったなーと反省です。

なぜメガネをするのか。なぜアイパッチをするのか。をきちんと正すべきでした。

小学生になると、次男の「その場だけの態度」が目につくようになっています。

  1. 「アイパッチ着けてね!」
  2. 「はい!」
  3. 着ける、数分経つ、外す。
  4. 母、気づかない。
  5. アイパッチもどこかに紛失。
  6. 翌日、探す。

という悪循環。

シャトレーゼのカシポポイントを宿泊券に交換。コスパがすごい

2019年7月9日

不同視弱視に油断は禁物

9月からは、気を引き締めて、息子の視力向上に努めたいと思います。

今度の眼科は10月終わりです。