宿泊感想 シャトレーゼのホテル「小海リエックスホテル」の口コミ

KOUMI/HOTEL お得

夏の避暑旅行の口コミです。シャトレーゼのカシポポイントを利用して、ウエルカムスイーツバイキングが楽しめる長野県の小海リエックスホテルに格安で宿泊してきました。

3人の子連れでの宿泊レポートと、子ども連れが楽しめる近くの観光地を紹介します。

シャトレーゼのポイントを利用したお得な予約方法はこちらから

シャトレーゼのカシポポイントを宿泊券に交換。お得すぎるコスパ

2019年7月9日

小海リエックスホテルの感想

スイスの山に来ているような景色。山と建物のコントラストが美しいホテルでした。とはいえ、築年数は立っているので、最新のピカピカホテルではありませんでした。

くたびれてるな~と思う部分もありましたが、新しい施設を作ったり、いい感じに年月を感じる部分もあったので、全体としては、よい印象で帰ってきました。

ゴルフ場・テニスコート・ゲレンデがあり敷地が広大なので、敷地入口を通ってから、色々な駐車場を通り過ぎて、やっとホテルに着く感じ。ホテルの建物が見えるまで、ちょっと不安でした。

チェックインの時に、カシポポイントの引換券を渡して、カシポ会員の名前などを記入しました。奥のレストランで「ウエルカムスイーツ」が3時から始まるよという案内をしてもらい、エントランスや周りを探索して、待ちました。

客室は29㎡のスタンダートツイン。120センチ幅のベッドが2台あったので、子どもたちと添い寝しても窮屈ではありませんでした。

お部屋はベッド・椅子があっても、ゆったりした広さで、5人で過ごしても快適でした。ユニットバスで、備品は子どもの分も用意してもらえました。お茶菓子にはシャトレーゼの商品が(^^)

客室のテラスも広くて、ゲレンデが見下ろせるロケーション。雄大な自然が広がっていました。間近にはホテルの施設が見えるものの、遠くを見ると本当に木、山、空のみ。

自然いっぱいなので、テラスには虫なんかもいろいろいましたが、私的にムリな大きさのはいませんでした。セーフ。そういうのは仕方ないですよね。

子どもが遊ぶ施設もいろいろあったので、ホテル到着後も忙しくウロウロしていました。子どもたちは退屈することなく、楽しんでいました。

小海リエックスホテルで楽しかったところ

ウエルカムスイーツ

早めに到着していたので、一番乗りで入りました。続々とゲストが。皆さんもウエルカムスイーツのシステムはチェックして、3時頃に到着できるように計画しているのでしょう。

ケーキがショーケースにカットされて並んでいました。

自分で好きなスイーツを好きなだけお皿に入れるバイキング形式。スイーツの種類は10種類くらいで、なくなると新しい種類のケーキが追加される感じです。

シュークリームやお饅頭、ヨーグルトもありました。

ソフトドリンクは、冷たいジュース、暖かいコーヒーなどがありました。

お皿があくと、新しいホールケーキが追加されていたので、出遅れても大丈夫だと思います。

一皿分さらりと食べて出ていかれる家族もいる中、何度もお代わりをするうちの子どもたち。最後は「こんなに食べるんじゃなかった。」とちょっとグロッキー気味に。。。

ケーキバイキング初体験だったので、一歩手前でやめることができなかった模様。

cake
ウエルカムスイーツ 美しくなくてすいません

ヤギとウサギ小屋

本館と温泉の間にある広場にヤギ小屋とウサギ小屋がありました。

自由に中に入っていいようだったので、おじゃまして、触れ合いさせてもらいました。ヤギは2頭、ウサギは2匹くらいいました。

ヤギさんの親子

源泉かけ流し温泉

お湯がとろとろしていて、とっても気持ちよかったです。

右側の露天風呂は木が茂っているので目隠しされていて安心感があります。左側の露天風呂は広がった視野。ちょっと恥ずかしいくらいですが、見渡す限り建物はないので、きっと大丈夫なんでしょう。左右は男女で毎日交代しているようです。

建物もきれいで、備品もそろっているし、入り口でタオルを貸してもらえるので、手ぶらで行けました。

赤ちゃんを連れていったら、「クーハン使いますか?」と声を掛けてもらえて、軽いクーハンを貸してもらえました。脱衣所がコンパクトなので、ベビーベッドは設置されていませんでした。

お風呂から上がると、シャトレーゼのアイスが置いてあるので、自由に食べることができました。ミルクやソーダ味などのさっぱりしたアイスが。

ウォーターサーバーのお水もありました。

景色

自然いっぱいで、ゆったりした気分になれます。忙しい子育て家族を癒すのにぴったり。

子どもが遊べる施設が充実

小さくてシンプルだけど屋内プール、タオルは部屋から持参。水着のレンタルはありません。

おもちゃが色々とあるキッズルーム、大きな乗り物系からブロック、プラレールまでありました。

ヤギさんたち動物、出来立てのツリーハウスが3種類、散歩道など、遊べる場所がたくさんありました。

チェックイン後、ホテルで過ごすだけで、十分楽しそうでした。親としては、1ヶ所で楽しんでくれたら、助かりますよね。

treehouse
ツリーハウスの遊び方は自由だそうです

もう一度行くなら、ここはプラン変更。

夕食バイキング → 外出へ

ウエルカムスイーツで、かなり満たされたわが家。夕食時にお腹が空かないという問題が発生。

自業自得なのですが、子どもたちも全然食べる気がないようで、暇になり、早々に部屋に戻りたいコールが。こうなると、親は全くゆっくり食べられません。

ホテルでの夕食は、レストランでフレンチ、和食、バイキングを選ぶことができます。子連れなので、バイキングを選択しました。

バイキングは、信州の名物やカレー、ソバ、お刺身などがありました。そして、またシャトレーゼスイーツとも再会。大人3300円、小学生2200円です。

ホテルから出るのはちょっと億劫ですが、近くの温泉施設にレストランがあるので、お散歩がてら、そちらに行って軽く夕食を食べればよかったかもと思います。

温泉に入らなくても、お食事処は利用できるとのことです。ホテルから車で数分。

こちらで食べる方がお安く済ませることができますよ。

出典:八峰の湯

子連れで行くと楽しい、観光地

国立天文台野辺山

日本を代表する電波天文台で、直径45メートルの電波望遠鏡をはじめ、たくさんの電波望遠鏡がありました。

施設内には自由に見学できるコースがあって、展示物も宇宙好き、化学好きには楽しかったみたいです。小学生は興味津々、幼稚園児は途中で飽きてしまいました(>_<)

職員さんに質問すると、いろいろ教えてもらえて面白かったです。入場無料・駐車無料

国立天文台の電波望遠鏡

清泉寮 

ジャージー牛乳のソフトクリームやランチが食べられる場所。自然遊びもできるみたいです。遊具や牛さんも。入場無料・駐車無料

2日目は曇りのち雨だったので、食事のみ利用。遊具があったので、食後に遊ぼうと思ったら、大雨に。牛さんが放牧されてるそうなので、ラッキーだと会えるんだそうです。

出典:清泉寮 ソフトクリーム

子ども向け設備

小海美術館

個人的に行きたかった美術館。安藤忠雄さん設計。家族がみんな興味なく、一人で行って来ていいよと言われたので、断念。入場は有料、・駐車無料

出典:小海美術館

家族、満足

シャトレーゼホテル、スイーツを満腹いただけるので、家族の満足度は高かったです。いつか、雪の季節にも行ってみたいと思いました。それまでにカシポポイントをまた貯めなくては(^^)